競売物件購入

Home/競売・任意売却/競売物件購入
競売物件購入 2017-03-27T16:07:23+00:00

競売物件を購入するには…

競売物件を購入するには、まず競売物件の特徴をしっかりと理解をし、メリットやデメリットを考えた上で入札されることをお勧めします。そのメリット・デメリットの一部をご紹介します。
メリットは…

  1. まずは市場価格よりも安いケースが多いです。
    ご希望の予算では手に入らない地域の土地、建物を手に入れることが可能となります。
    裁判所の競売手続では、落札後の諸手続も買受人が自分で行う必要があることや物件が占有されていたり、隣地との境界等が不明な場合もあるので、最低売却価額については通常の取引価格よりも最低でも不動産鑑定士が鑑定する価格の2~3割ほど安い価格で決定されています。
  2. 裁判所が複雑な権利関係(債権者の抵当権や、差押など)を整理してくれます。落札すれば、間違いなく裁判所が所有権を移します。
    また、抵当権等の複雑な権利関係があったとしても、裁判所の権利で全てを抹消し、買受人に継承される権利関係は一切なくなります。

デメリットは…

  1. 物件の内覧が出来ません。裁判所は不動産を差し押さえて競売を行いますが、物件を管理しているわけではなく、差し押さえによって所有者が不動産を使用することが制限されているわけではありません。
    従いまして、一戸建住宅やマンションの場合、民事執行法の改正で徐々にやさしくはなってきていますが、内部を予め見ることは難しく、裁判所に備え置かれる物件ファイルの写真等で判断しなければならない場合がほとんどです。近隣状況の確認や聞き取りなど、現地での調査が大変重要となります。
  2. 物件調査から入札、落札までご自身で手続きする必要があります。物件の調査や、入札代金の手続き、落札後の手続き、明け渡し等の手続きは落札者自らが行わなくてはなりません。手続きの不備があると、競売に参加した事自体、全くの無意味となってしまいます。
  3. 落札後の明け渡しが困難な場合もあります。落札後に、残代金を裁判所に納めると所有権は落札者へうつります。ただ前所有者や物件の占有者との交渉は落札者がご自身で行わなければなりません。
    この明け渡しが競売において一番困難な作業となります。

当社は競売の入札を代行します。

当社の競売物件購入手続きの代行では、お客様のご要望やご予算に合わせて様々なプランをご用意させていただきました。 下記をご参考に競売物件を購入することもご検討されてみては、いかがでしょうか? ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

tender

競売物件をお探しの方はこちらよりお進みください↓↓↓

broadcast-information-of-tri-set-system

不動産競売物件情報「BIT」は↑↑↑

athome

競売・公売情報「at home」は↑↑↑

Facebook